10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の雨夜

その日、しとしとと夕方になって降り出した雨がありました。

ここは、
まだ18時前なのに辺りはすっかり暗くなったバス停の待合室。

偶然居合わせた見知らぬおばあさんと二人っきり。

しとしとしと・・・秋の雨・・・他に人気はありませんでした。

しばらくの沈黙の後に

「こうゆう秋の雨の日の夜には、どうしても思い出してしまうわ。」

おばあさんがなんとなしに口を開き、お話が始まったのでした。

わたしは、決して自分から見知らぬ人に話かけるタイプではないけれど、
人の話はうんうんと静かに頷く方なのです。

雨で遅れてるバス。

時間はゆっくり流れています。

おばあさんが話を始めると
無機質だった待合室の空間に
色が挿していきました。



わたしがね、
二十歳前に奉公に出された先のお家は
酷く厳しいとこだったのよ。

商売をやってた家だったけど
奥様はとにかく細かくきつい人で
昼は仕事をびっしり細かく決められて
夜は小さな部屋に鍵をかけられて
逃げないように閉じ込められて
軟禁状態でずっと二年も我慢したのよ。

あなた、考えられる?

ずっと監視されてる毎日。

そしてある日、奥様の留守中に旦那様から手を付けられてしまって
それがまだ二十歳前の身には余りに苦しくてね

死のうとして
トイレにあった薬剤の液体を
夜中に全部飲み干したわ。

こんな秋の雨の日だった。

その日は明け方まで大変な騒動となり

病院で目が覚めた私は
結局田舎の父と母が引き取りにきて家に帰ることになったの。

またすぐに違う家に行くことになったのだけど

そのときは
一体いくらで自分が売られていたか分からなかったわ。

妹も奉公に出ていたけど
何回か話す機会はあったのね。

妹は今の中学生の歳頃だったけど
実は奉公先で私よりも、もっと酷いセクハラにずっと合ってた。

家に戻っても
私たちは
お母さんにだけは
話す事ができなかった事実よ。

だって
可哀相だもの
自分たちのせいで
娘がそんな目に合ってたなんて

可哀相で
言えなかったわねぇ。

お金が全然なくて貧しい家だったけど、
私たちは家が嫌いじゃなかったのよ。

あの当時じゃ
どこも貧しかったし
仕方のないことだったから。

気の毒な表情を向けた私に
おばあさんは切り替えした。

だけどね
わたし、その後、向島で芸妓になったのよ。
一時は300人の中でNo.1にもなったの。

あの時は一番いい時期だったわ。

だって有名な人たちにたくさん会う事ができたもの。楽しかったわ。

誰にでもいい時期はあるのよ。
貴女にもあるでしょ?

そういわれると
なんだか急に目鼻立ちが垢抜けたおばあさんに感じられてきて、
鼻筋や目の形から若い奇麗なお顔を思い浮かべた。

おばあさんは続けて言う。

着物だけはね
本当にた~っくさんあったのよ。

だけど着物ってね、消耗品。動いてると生地が傷むでしょお?
一枚の着物はやがで一枚の炬燵布団にしかならないのだけど、炬燵がやけに華やかでね。(笑)


毎月100万は稼いでいたわね。

今じゃ何も残ってないけど。


そう言い終えた頃、
待合室の扉がガラガラと開いた。

一人の地味で化粧っけのない女性が入ってきた。手には傘を持っている。

女性はこちらにやってきて、
おばあさんの手は
その彼女の横の頬に落ちてる髪を救って耳にかけた。

「娘さん、ですか?」

「ええ。」

あんまり似てないけど
娘さんに向ける微笑みが無条件に優しい。

私とおばあさんの頭の中は、
華やかな芸妓の蝶や花よの世界に飛んでいるとは、
これっぽっちも知らぬ娘さん。

そろそろ行こうか?そんな信号が親子間に流れた。

私は言葉を探して

『どうかお元気でお過ごし下さいね』


おばあさんはゆっくりとニッコリ笑って見せて、娘さんと去っていった。

秋の雨夜。

わたしは女の一生の余韻を胸に、一人でまだバスを待っていた。






スポンサーサイト

theme : ちょいと箸やすめ
genre : 日記

女の一生

深いぃぃわぁ。ありがとう。
腕上げたねぇ。

人のドラマについて
しばし考えました。

自分の意思のみで生きられる
今の時代に生きてることへの感謝が
またふつふつと溢れてきました。

今のこの時代
どうでもいい枷(かせ)作りにあくせくせず
自分のドラマの
素晴らしい脚本を作って
遠慮せず生きなきゃ!って
そう心から思いましたよ。

なんせ
主演女優ですから
わがまま放題させてもらいますわ(笑)

一歩先も未来。
未来は今の積み重ねなんだって
ほんとに最近思ってます。

どうせなら
死ぬ時に『勝ち組だった!』って強がるより
生きてる間に勝ちは意識していたいよ。私は。
誰にじゃなく 自分にね。

さて、全編クライマックスの私の
商店街練り歩きロケ人生
お見逃しは損するよヾ(@⌒ー⌒@)ノ

女の一生、、、モーパッサン! 正解!!
コマひとつ進みました。ありがとう。

主演女優様

深ぁぁぁく感じていただきまして
ありがとう♪

少し先の積み重ねが未来だものね

そちらも主演女優様?
あら、あなたも主演女優?

今どんなどんな?
なんて。そんな友達関係いいかも(^-^)


このおばあさん、
なかなか随所に趣きある話だったでしょ?

さらりと話してくれたけど、当時の気持ちはどんなんか。
ちょっと特異な一生だけど
十分に何かが隠れているよね


Secret

プロフィール

天使の集まる場所

管理者:天使の集まる場所
楽しいことはじめましょ♪
まずは
はじめの第一歩!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント

月別アーカイブ

ようこそここへ

現在の閲覧者数:

今日のことば

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
3250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラブ・サークル活動
294位
アクセスランキングを見る>>

日本ブログ村

日本ブログ村さんの <ライフスタイル> と  <遊び心> というところに  居場所を構えてみました。 毎日の記事の一番下に  愛想なく鎮座しているバナーを クリックして頂けたら トッテモ嬉しいです(*´∀`*) にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。