08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業務連絡

どうもー
久々に代表ヅラする智香子です。


最近私は
みなさんから
エエモン見させてもらって
大喜びなんですよ。

えりこさん
そりゃもう何度も言いますが
矢のような速さで私の投げた糸を掴んだお方。

でも
それは先の文化祭の時に
実証されていたこと。

『キャンディレイを作るから見本をよろしく』って
メールを朝に送ったら
その日のうちに
キャンディではないお菓子を購入して
さっそく作って
<どや> とばかりに 報告くれたことで
伝説の <ゴワ> が生まれるという奇跡で
証明はできてたこと。


よしみちゃんは前から勉強していた中国語を
本格的に学び出して
それに関わるナニカを!と
頑張ってる姿を見せてくれた。

その技能、ナニカで使える日はきっと近い。
今いろいろお話進めてるよ。

ハルナちゃんは 言わずと知れたオマモリ。
その技は 架け橋になった。

サンタさんは DVD。
これからも精進してもらおう。

若菜さん
実は見えないところで大活躍のお人。

しあわせ伝道師 とでも言わせてもらおう。
若菜さんの しあわせ発言のおかげで
私は 自分のしあわせを許可できるようになって
私も
そんな風に しあわせになりたいなぁ・・・って
本気で思えるようになったから。

しあわせは人を変える。
自分もまわりの人も変える。

自分でも驚くほどのポジティブと明るさで
まっすぐ前を見て歩いている今の若菜さんは
キラキラしていて とてもキレイです。


引き続き その調子で
みなさんどうぞよろしく お願いします。


☆∴..∴∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴☆


で、
みどりさん。

伝えるの忘れてましたが
アロマ部長のお仕事よろしくお願いします。
いつものように
急に言ってますが 少し先はありますから
構想を練って提案して欲しいのです。

もちろん
時間のある時で。

詳細提案お待ちしております。

で、
りえさん。
今後内職多発しますから
体力温存で積極提案お待ちしております。

りかさんは
そのまま そのまま そのままで。


以上

よろしくお願いします。




スポンサーサイト

サンタさんの初仕事

すっかりまったりの智香子です。

ボーイと私の成り行きを読みながら
すっかりボーイを
育てているような気分になってきましたか。

ふむふむ。



実はココ 天使の集まる場所 には
映像デザイン科がありまして
今そこに在籍しているのは
サンタさんです。

サンタさんというのは私の長男です。

まぁ
この子は小さい頃から電車が好きで
プラレールにBトレイン
今も大切に置いてます。

基本的にオンチですが
小さい頃は
童謡をいつも流していました。
電車のうたなんか
もう覚えるほど私もきかされたものです。
ビデオも。。。

で 高校生になって
映像デザイン科なんてところに属して
頑張ってるみたいですが
もっぱら趣味でやってるのは
子ども向けの 電車の歌の動画づくりです。

また無駄なことを・・と
いつも思っていたのですが
ここへきて 台湾ボーイが無類の電車好きで
遊び方も長男と 瓜二つなのです。

長男が捨てずに大切に置いていたプラレールが
今大活躍で
私が大いに助かっていることは言うまでもなく
また
これまで作ってUPしていた
電車の歌の動画の中から
ボーイの大好物の 新幹線のうた ばかりを集めたDVDを
作ってもらって持って行ったら
息をのんで見ていたというのは
アンサーハウスで報告済みですが

そのDVDをボーイに手渡してから二日経った今日
ボーイの家で
お弁当を食べたあとに

『さ、見るよ♪』 と言ってつけてくれたDVDは
サンタさんの作ったソレで

なんと
曲が流れだしたら
ボーイは 歌詞をくちずさみ出しました。

歌詞のテロップもつけてあるから
もうちょっとしたら読めるね。

好きなことが
生きた現場を
私はまたこの目で確かめることができました。


よかったね。
サンタさん。

たとえば誰かが
キミのことをオタクと言って罵っても
キモイと馬鹿にしたりしても
キミはキミの好きなことで
自国語が通じない国にやってきた
いたいけな3歳のボーイの心を捉えたよ。

覚えるほどに口ずさんで

『ボク、歌えるよ♪』 って言って
得意気に胸を張った 3歳ボーイの姿
キミにも見せたかったよ。

人生なにがあるかなんて
誰にもわかりません。

だったら
好きなことして生きちゃってて下さい。

調子に乗ってガンガンやっちゃってください。

よかったよ。
ほんとによかった。

私の目の黒い内に
好きなことを見つけているキミの姿が見れた。

母は
いつ死んでも悔いはないよ。
まだ死なんけど。


では、新幹線の歌3連発です。
見たってもいいか って人だけどうぞ
見てやってください。









へい。
オツカレサマンサ♪







theme : こんなの作りました♪
genre : 趣味・実用

声出して行こう!!オー!!

秘書がいるってことは
なかなかに面白いことだなぁと
感慨深い
今日も紫陽花色した 華やぐ智香子です。

色んな出会いがありますが
少しお話すると
抱えてる悩みとか
思いとか
そういうのが聞けて かなり参考になってます。

主に
女性は恋愛
男性は仕事

若モノ かなり期待できるぞ!って
思ってます。

頑張れ! 中年世代!
イケイケ! アラサー!

もう乗っかってるだけの時代じゃないから
自分の船は
作っといた方がいいんじゃないかぃ・・。

勝手に色んなことを
他人ごとに。
若者に何かモノ申すことを
大人は遠慮なんかしなくていいと思うなー

若者は
結構
まともな影響を受けたがってる!

若い人に
影響を与えられる大人が
減ってるんじゃないか!

頭の中で
どんなに素晴らしいこと考えてたって
外に出さなきゃ見えないから
カッチョ悪くても
どんどん出していこう!

ここんとこ
若い人とお話してみて
ふぬけな若モノ なんて言ってたら
大恥かくよ!って思った。

間違ってるとか
正解とか
そういうのは
クイズ番組とかテストだけでよくって

それ以外のところは
もっとどんどん
発信していった方が
絶対にいいと 感じている私です。

イヤなら食べなきゃいいし
好き嫌い多いなら仕方ない。

だけど
そんなことしてたら
飢えて干からびて
取り残されちゃうぞーーって

多くのツールから学んでいます。


自分に自信を持てていない人のなんて多いことだろう。

大丈夫!
大丈夫!
大丈夫だからね!!

掴んだ手は
離さないからね♪


イッテラッシャイ♪ キヲツケテ♪



theme : 日々出来事
genre : ライフ

たかがされど

トーマス2トーマス4

写真は
もうおなじみ
トーマスのお守りです。

幼稚園へ行くと
みんなファスナーのところに
自分の目印になるキーホルダーや
マスコットをつけています。

Kくんはパパに
ミッキーマウスのキーホルダーを
用意してもらっていますが
なぜだかつけていません。

このお守りは
Kくんが日本での生活を
無事に過ごせるように
祈りを込めたものです。

作ってくれたのは
ココの裁縫部長ですが
私が作るホームの人が
たとえ何人になっても
一人にひとつ用意します。

保育園で働くことになった
20数年前の私は
初めての自分のクラスの子ども達に
簡単なマスコットを作って持って行ったら
まず先輩保育士から
他のクラスの子にはないからダメ
前例がないからダメ
というダメを食らったのを皮切りに
まぁ3年間は
多大なダメ出しを食らいました。

その後先輩がやめてからは
ダメ出しを食らうことがなくなり
ましたが

園にいる保育士全てを同じ箱に入れて
全てオールマイティであれとするのは
やっぱりちょっと違うんじゃないかと思っていました。

一人一人が得意分野を生かしたら
もっと園全体も
子どもたちも高みに上がるのにあぁ・・と
いつも思っていましたが
そんなことは恐れ多くて口にはできません。

いつかきっと
私が直接子ども達を預かるようになったら
そうしよう!
固く(いや、そう固くもないか)
心に決めて
次の経験を積むために
保育園を辞めました。

それは大正解でした。

☆∴..∴∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴☆

それから
あれやこれやの経験を積んで
今私は
あの頃固く(いや、それほどでもないな)
心に決めたやりたかったことを
一つ叶えました。

もちろん
それまでに
自分の子ども達や
そのお友達で経験はしていますが
それとは違います。


何も知らず
私がハウスを作る!って口に出した頃に
この世に生を授かった台湾ボーイが
<電車が好き> という
私が一度長男で学習済みの得意分野をサインにして
海を越えて私の前にあらわれてくれました。

ただただ
トーマスを手にして微笑むボーイの
笑顔を見ていると
それだけじゃなくて
もっと違う
私よりも大人の
私の心の奥にまで届く光を放っているように感じます。



・・・ボクをきっかけにしなくて何をするの?・・・



その声が聞こえたのは
私だけじゃなくて

この出会いをセッティングしてくれた
ヒロコちゃんにも
究極の助っ人として
仕事もせずに待っててくれた
えりこさんにも

なんでだろ・・
という疑問符と共に
心の奥で響いていたと思います。


たかがお守り
されどお守りです。

ハルナちゃんと最初にお茶した時
お話できてよかった。

『好きなことは何ですか?』

『何をしている時幸せを感じますか?』


せっかく
生きるなら
好きなことして 輝いた方がいい。

今ある環境の中で
得意分野とか
楽しめることや
頑張れること探して 前を向いている方がいい。

ソレが
プロ性にもつながるんじゃないかと。
そしてソレが
幸せにつながるんじゃないかと。

自分の好きなことを否定しない。
自分を否定しない。




私が伝えたいのはソレだけ。






さ、
今日も誰と張り合うとか
誰と比べるとかじゃなくて

自分自身に頑張っていきましょ♪



イッテラッシャイ♪
イッテラッシャイ♪
イッテラッシャイ♪




theme : 仕事の現場
genre : ビジネス

しかるべきところに

デパ地下の試食コーナーで
偶然とは言え 
えらい美味しい天ぷら屋さんに出くわしてしまって 
どうしよう・・ってな智香子です。
現在一人暮らし驀進中のアナタ
病みつくこと間違いなし。

するめ
むきえび
ワカサギ的な魚
ごぼうから揚げ

少々お高いので
悩みに悩んでむきえびと
ごぼうから揚げ(アンかけ)にしたけど
冷めても美味しい職人の味でした。


☆∴..∴∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴☆


先日 かずこさんから絵本を頂きました。
ただの絵本ではなく
かずこさんが『分身』と言ってはばからない
それはそれは大切な自作の絵本です。


絵本 


そういえば
昨年の文化祭の時に
かずこさんから
おたのしみ抽選会用に
10冊ほど提供したいと申し出を頂きましたが
自作の子ども向け絵本だと伺い
大人だらけの文化祭の抽選会の品にするのは
なんだか 大切なものを
投げ渡ししているようでもったいなく
どこか違う場所で
もっと有効に使って頂きたかったので
お断りをしたものです。

その絵本が先日
3冊私の手元にやってきました。

題材は はみがきですから
今のシーズンにはぴったりなものです。

内容を見ると
2~3歳児向けです。
ちょうど 私が今見させていただいている台湾ボーイは
今年4歳になる<3歳児クラス>で
日本語の勉強にもうってつけの絵本でした。


幼稚園や保育園では
<虫歯予防デー> も
カリキュラムの中に組み入れたりしています。

4歳児以降になってくると
基本的生活習慣の自立がほぼ完成してくるので
6月はどちらかと言うと
虫歯予防デーよりも
時の記念日の方が
取り組みの濃度は濃いのかな、、という気もします。

ただ、
幼稚園の<3歳児クラス>や
保育園の<3歳未満児クラス>になると
生活習慣の自立を目指すという目的のウェイトが
大きい子たちより高いですから
私的には
ちょうどよいものが
ちょうどよい時期に
手元にやってきてくれたということになります。

さて
私がこの絵本を どう使うか、
どう使ったかですが

1冊はボーイにプレゼントです。
おうちで一緒に見て
ボーイの本棚にお片付けする絵本です。

1冊は私の家用です。

そしてもう1冊は
幼稚園のたんぽぽ組のH先生に託しました。

H先生に託すことで
この絵本が 今の時点で
私の手元にあるよりも
より多くの子どもが手にすることになります。
本も喜びます。

押入れの中で眠っている時よりも
しかるべきステージに立って
絵本が エッホンって
ちょっと胸を張った感じに
変わったような気がしました。

差し上げたものを
H先生がどう受け取り どう使うかというのは
私は伺い知ることではありませんが
少なくとも20名の子どもたちの目には
ふれることとなります。

そして
園で先生に見せてもらった絵本が
おうちにもあるということで
Kくんが興味を持って手にすることも間違いありません。

子どもの年齢が小さければ小さいほど
目に見えてすぐに結果が出るものではありませんから
これから長い目で
育まれていくものかと思っています。

ただ
子どもがソレをどう感じるかというのは
こちらのかけた時間や思いに
必ずしも比例するものではありませんが
かずこさんからお預かりした大切な分身は
責任を持って
しかるべきところにおさめました。

これぞ 断捨離 離の極意ですな。

後々の芽吹きがタノシミですね。


貴重な品を
ありがとうございました。


この絵本の立ち読みは コチラ






theme : 子供の教育
genre : 学校・教育

ミーティング備忘録

ミーティング場所で
ミーティング中に
爆睡して
その間の記憶が一切飛んでる智香子です。

市内某所の某アナグラにある秘密サロンで
その日は
私と 40代ヒモプーおっさんと
20代医者男子。

医者男子は途中で抜けて
兵庫県某所まで
友人のダンスの舞台を見に行ってたけど
いつ出て
いつ帰ってきたのか
あんまり記憶にないまま
終電を急ぐ私を見送ってくれる二人に挟まれて
帰路についていました。

ヒモプーおっさん曰く
質問に対する答えが
ちんぷんかんぷんになってきて
そのうち返事がなくなったから
読書してたらしい。

そもそも定位置が
ヒモプーおっさんはパイプいすに
ちょっとクッションついたような椅子。
医者青年も同じ椅子。
私だけが ソファベッドなので
がっつり寝そべっているというのが
そもそも間違っているのかもしれない。

お茶を入れたり
お菓子を出したりするのは
ヒモプーおっさんの仕事で
絶えず嬉々としてお茶を入れてる。

心地のよい音楽が流れてる。

そりゃ寝る。
私じゃなくても。

ヒモプーおっさんは
『活動してる人は寝てしまいますよ』と。

ミーティング中に寝ても寛容なのがいい。

大丈夫。
寝ても
大事なことはしっかりメモできたから。

きっと夕飯に食べた
台湾料理屋の春雨炒めとか
マーボ豆腐とか
水餃子とか
焼きそばとか
そういうのがタマラズ美味しくて
お腹一杯になったからだな。

ヒモプーおっさん
ヒモでプーなのに
ごちそうしてくれたので
本当に心して食べたよ。

いつもごちそうになりっぱなしだから
今回ばかりは私がごちそうしようと思ってたのに
ヒモプーおっさん ありがとう。

ココを知ってる人じゃあ
若菜ちゃんしか知らんな。
その秘密のアナグラ。

興味ある人には
ドアの前でかける合言葉を教えるからね。

んで
終電降りたら
最寄駅の本屋の前で
手さわり痴漢にあった。

鞄を支えている手を握ってくる仕組み。

すぐに振り返って睨んだけど
さっと姿隠された。

知らん女。
しかも オバハンの手を
すれ違いざまに握る
20代後半ぐらいの男。

そんなに人恋しいのかな。
なんか
残念。


☆∴..∴∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴☆


ミーティングで話してたこと。(覚えてること)

これからは
人もものも AとBに二極化されて
もう近いうちに
AとBは接点すらなくなるんじゃないか  ってこと。

こういうことについて
熱く語った夜でした。


幕末のサムライ気取りの3人でした。

『大丈夫なの?』
『お金あるの?』
『貯蓄してたの?』

これは仕事を辞める時
私のことをよく知らない人
知ろうともしていない人から
よくかけられた言葉です。

私のことを知っている人は
みんな
そんな表面的なことは
飲み込んでくれたと思っています。

ヒモプーおっさんは
そもそも私が将来やりたいことがある と
初めて他人に打ち明けた人です。
全てはこのヒモプーおっさんに
話したことから加速がかかりました。
今から3年前の話です。

今日に至るまでの地図を描くお手伝いを
本当に嫌がらず
ただただ励ましてくれていました。


20代医者青年とは
ヒモプーおっさんを介して知り合いました。
実家も医者で
ドロップアウト気味の
なかなかいいヤツです。
私たちは
国王と呼んでいます。



そんな医者青年が私にかけてくれた言葉は


ダメでもなんでも
いつでもココに帰ってくればいいやん。
ココはいつでもあるから。


って。


アナグラサロンを
帰ってくる場所に提供してくれるというこの青年の言葉
私には こういう人達もいるから
強く進めるんです。

あっちこっちの起業家達からも
子ども達の就職打診も頂いています。

あ、
ただ
梅56さんは
高校時代にアルバイトしてバリサク買ったら
アメリカにソレ持って渡って
ひとしきり 音楽をやってみる道が
今一番色濃いので
アメリカでの住まい探しも同時に私はナニゲに
手掛けていたのですが
それもあっさり見つかりそうです。



青年は
この夏ごろから
漫画家目指して勤めていた会計事務所を辞めた
26歳会計士を 居候させるんだそうです。

また青年は
昨年から始めている
医者の資格を生かした月2のアルバイトで
私の月収の半分を稼いでいます(前職参考)

あ、
ちなみにこの彼は
私のつくる保育園の 顧問医師です。
お母さん方への
タイプ別健康指導もしてもらいます。

興味のある方は
ヒモプーおっさんの歴史塾にも
どうぞご参加下さい。


では。



写真は近鉄電車の最終 瓢箪山行普通の車内。
通勤電車型なのに この感じ。
コレが7人分かな
並んでます。

近鉄沿線にお住まいの方の特徴(私の勝手な観察結果)

<ゴンゴン前に出る図々しいタイプではないが
  自分のスペースは死守する>  ですから

この座席仕様にしたのは正解だと思います。


電車





theme : ひとりごと
genre : ライフ

そしてりかさんの場合

早朝からこんばんは。
智香子です。

一日が早くてちょっとおののいてます。
前の本業の会社へ行かなくなって
1週間を過ぎてしまいました。

この天使の集まる場所に
関連している人は
みんなココで思いを共有して
日記なんかも一緒に更新したいところなんですが
それはまぁ今のところ主に
東京の秘書(この呼び方もごっこ遊び感全開で気に入ってる)
みどりちゃんと
私だけになっています。

えりこさんもりかさんも自分のブログを持っていますから
そちらを毎日徘徊しています。

私はほぼ毎日更新されているブログが好きです。


☆∴..∴∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴☆


で、
りかさんっていう人は
介護の仕事をして
家では最近退院されたお父さまのことも
家族みんなでみていて
もちろん主婦の仕事もきっちりこなしている
スーパーウーマンです。

正直
体なんかしんどいと思います。
年頃の息子を抱えていますから
他の心配ごとだってあります。

そんな日常を過ごしながら
先日 会ったんですけど
私の想像を少し超えて
りかさんは イキイキして見えました。

体はしんどくても
心が腐っていない証拠でした。

思い通りにいかないジレンマとか
くっそーという思いや
うわーーーーって叫びたい思いは
具体例を挙げなくても
想像はつきます。
外で働く同士ですもの。

それでも
肌の奥 体の深いところから放たれていた
ずっしりした輝きは
本物でした。
遠くにいる私のことも照らしてくれるほどでした。

その光の素はなんだろうって
話をしながら考えていたら
答えが出ました。

それは
やっぱり
ものをもらってありがとう とか
そういう種類の
目に見える感謝ではなくて
もっと深いところの
感謝を知っている人から放たれている光でした。

いろいろと
あっちこっちを散らかし倒しているお父様を
家族でヤンヤと言いながら
手をかけ言葉をかけて
おうちで一緒に生活している。
他がどう言おうと思おうと
そこにある愛が
体に沁みてる感じがします。

<がんばらなくていいんだよ> と言ってくれるタイプの
男性にはきっと弱いカワイイ女なはずなので
そういう男には気を付けて
そういう人が現れたら 是非もたれかかって頂ければと。

私はウェポン磨くお手伝いしますから。

ちなみに私は頑張ってないので
私を見て
<がんばらなくていいんだよ> なんて言ってくれるタイプの人を
きょとーーーんとさせてしまいます。
すみません。

このあいだもさぁ・・・
って 
この続きはまた女子会で。


☆∴..∴∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴☆


最適な接続詞が浮かびませんから
直でそのまま話戻しますが

久し振りにその日
私の目の前に(頭の中に)
風景が浮かびました。

それは
小さいりかさんが
新しいお洋服(ワンピース)を買ってもらって
くるくる回って喜んでる姿。
それを飽きずに見ている
お父さん お母さんの姿。
(弟や妹たちは 素知らぬ顔だけど)

そうやって
親御さんが りかさんの小さい頃に
かけてくれている愛の一コマが浮かびました。

だから
記事にして忘れないように書いておきます。


☆∴..∴∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴☆


今自分がここにあるのは

ミルクを与えられたから だけではないのです。

時間関係なしに

泣いてわめいて 親の時間を奪ってきたからです。

ミルクだけでなく その時間をかけてもらって

私たちは育まれてきました。

紛れもなく それは 愛です。

当時の親は 今ほど情報もない中

更に古い常識の中で子育てをしていたはずです。

大きくなって 私たちが覚えている範囲のことは

わずかな 自分に都合のいい記憶でしかありません。

自分の記憶に残っていない時に

私たちは親の時間や自由を奪って 大きくなったのです。

今ある喜びも なにもかも

もとと辿れば この世に生を受けたからこそです。

そこのところに気付くか気付かないかというのは

人の人生を大きく左右する ひとつのポイントだと思います。

ハリボテでなく

心からの。

親孝行なんて 気にすることないと思います。

ひとまず生まれて

カワイイ時期を共に過ごしたんです。

その時に一生分の親孝行してると私は思っています。

こんなこと

自分の口から親には言いませんが

自分の子どもに対してはそう思います。

それもあえて言いませんけど。

育ってからの親孝行は

それぞれ形があると思うのでどれも素敵な親孝行だとは思いますが

私が自分の産んだ子ども達に願っているのは

自分の人生を自分らしく輝かせて生きること だけです。


なんてこと書いて
今日は洗濯してから イッテキマス♪





続きを読む

theme : 今週の私たち
genre : 日記

たとえばえりこさんの場合

猫ちゃんの扱いにも慣れてきた智香子ですよ。

さて、
先月の半ばから始まっている
私のベビーシッター事業。

今はまだ社名も上がっていませんし
ビジネスとして動き出しているものではありません。
なのでありがたいことに
お金を頂いての勉強です。


私が動ける6月まで えりこさんにお願いしていたのですが
子育て経験があるとは言え
保育者としては素人のえりこさんに
お願いする仕事としては苛酷だったかもしれませんが
そこは小悪魔天使の笑顔で
全てがチャラになるような仕掛けですから
許していただくとして。

今回の
えりこさんの送迎業務は
子どもに大きな怪我をさせなかった。
子どもとどうやったら楽しめるかっていうのを
いつも真剣に考えて取り組んでいた。
その姿は
私が初日にボーイに会った時
ごはんを食べて落ち着いたら
『えりは?』って聞いてきたことからも
よくわかります。

大成功です。

あー楽しかった♪ とか
あーしんどかった♪ なんていう
目先の感想よりも
私はなにより
未経験のことに
この年になって取り組んだ自分自身を
べたべたに褒めてあげて欲しいと思います。

決して自信のあるジャンルの仕事ではないことに
わけわかんなくても
手を上げて
最強の責任感でやり遂げた自分のことも。


そうして
自分を幸せにするのはどういうことか
何をして どうであれば自分は幸せなんだろうと考える
ひとつのツールにしてもらえればうれしいです。


そして何度も書いていますが
ココは
実験室です。

目の前に出された糸を掴んでみたらどうなるか
どうなったか。
善良な人を使っての危険な実験です。

多くの人は怖がるから
掴んだ人が即そのままクランケです。

今回のえりこさんが掴んだ糸は
えりこさんの人生を織り上げる
貴重な1本になりました。


まぁしかし
ネガな感想もたくさん聞きましたよ(笑)
子ども大好き主婦♪とかいうカテゴリーにいない人ですし(笑)

でも終わってからは
どうやら心に何か残っているようなんです。
その残り火
消えないウチに
えりこさんなら 何か掴むと思うんですよね・・・

少なくとも
自分の中の可能性に気付いたと思うんですよ。

ありがたく
お給料を手にして頂けたことと思います。

えりこさんの
5月半ばごろからの日記を
まとめて読むと
その心の流れがわかると思います。

えりこさんのブログ

えりこさんの人生も私の人生も
まだまだこれからです♪♪
お互いに楽しんでイキマッショイ♪

そしてもちろん
こちらをご覧のみなさんも♪






theme : 今週の私たち
genre : 日記

裁縫部長とえりこさん

そうそう!
これこれ!
こういう感じで
あの頃いつも仕事を終えて帰ってたよなーと
思い出したりなんかしている 
すっきりさわやか ちか・ちかこです。

台湾ボーイとの初日を終えましてね
あ、初日の詳細は
アンサーハウス に書いてありますから
お暇な時にでもまた見て頂けたらと思うんですが


前に
ウチの裁縫部にお願いしていたアレ
台湾ボーイのための お守りなんですが
期日を守ってきっちり 納入してくれました。
身内の仕事も期日きっちり守るんです。
信頼の裁縫部です。(部員1名)


できあがったブツは途中経過がこんな感じ。

トーマス3


で、
仕上がったのはこんな感じの両A面です。

トーマス2トーマス1


台湾ボーイと今日一日過ごして
私は見極めてきました。

当初の予定では
最初に彼にこれを渡そうと思っていましたが
最終日
彼が夏休みに台湾へ帰る前に
渡すことにします。

このお守りの命を守るためにもそうします。

彼は
中国語でトーマスの歌を歌っています。
よっぽどの好きっぷりだと思いますから
喜んでもらえること間違いなしです。

裁縫部長ハルナちゃん。
お忙しいなか せかしたようならごめんね。
いつも通りの 気持ちの込めようや
技のクォリティの高さに
私は大満足です。

ありがとう。



それから
5月半ばから2週間。
急な依頼にも関わらず
台湾ボーイとの時間を申し出てくれたえりこさん
本当に
本当にありがとう。

えりこさんが糸を(藁?)つかんでくれたおかげで
M氏も
Kくんも
Kくんのご両親も
私も 助けられました。

私からの申し出を面白がってくれて
本当にありがとう。



絵本









ただ、こういう感じ
私が死ぬまで
一生続くよ・・・・



乗りかかったナントカっていうしさ♪


あははは♪







theme : ハンドメイド
genre : 趣味・実用

Angel's ship (仮)

智香子です。

新しく立ち上げる事業にひとまず仮名をつけました。

ココにちなんで

Angel's ship

ボートではないし
豪華客船でもないけど
随分前から頭に思い描いているイメージは船。
色んなところに停泊しながら
悪者やっつけたり
仲間の大切さ知ったり
愛あり 涙あり 笑いあり
・・っていう
ワンピース的な船。

イメージは
去年のめちゃイケオーディションの時に
ワンピース作者の尾田栄一郎先生が
めちゃイケ新メンバー加入を祝って
書き下ろしたあのイラストの感じ。

クリックでちょっと大きくなります。
     ↓↓

船


空と雲と
海と虹と
船と仲間

興奮さめることを知りません。

どれだけ乗組員が増えるのか
どれだけ乗れるのかもわかんないけど
それはその時考えるとして
ひとまず出航。

虹の7色は関ジャニ∞の7色で
奇しくも今年は
マリンテイストが流行中。

実は私はマリンスタイルが大好きで
赤白紺のトリコロールカラーを見ると
大興奮するタチで
今 あちこち街に出て
ウインドウショッピングを楽しんでいるのは
マリンなものがたくさん売っているから。

という
余談も含めて

さて
まずは となりの港まで。

持ちものは
ひとまず鞄に入れたよ。

うひうひ・・・

林間へ行く前の梅56みたいに
当日の早朝から 
体操服にゼッケン縫い付けてるよな状態ではないけどね。


ワクワク最高潮!






theme : しあわせの素
genre : 心と身体

プロフィール

天使の集まる場所

管理者:天使の集まる場所
楽しいことはじめましょ♪
まずは
はじめの第一歩!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント

月別アーカイブ

ようこそここへ

現在の閲覧者数:

今日のことば

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
2860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラブ・サークル活動
251位
アクセスランキングを見る>>

日本ブログ村

日本ブログ村さんの <ライフスタイル> と  <遊び心> というところに  居場所を構えてみました。 毎日の記事の一番下に  愛想なく鎮座しているバナーを クリックして頂けたら トッテモ嬉しいです(*´∀`*) にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ
にほんブログ村

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。